previous arrow
next arrow
Slider

Xperia Ear Duo (XEA20) 使い始めレビュー

デバイス

* 最近の主流はカナル型イヤホンとヘッドホン

最近のイヤホンの主流は、カナル型(耳栓のように着けるタイプ)かと思います.
インナーイヤー型(軽く引っかけて着けるタイプ)は少なくなってきており、スペックの高めなものはほとんどなく選択肢がありません.
スマートフォンを購入すると概ね付属品として付いてくる、あのタイプです.

また、ヘッドホンを着けている人もだいぶ見かけるようになってきています.
音質重視であったり、ノイズキャンセル機能を使いたいとなると選択肢としてあがると思います.

わたしは、カナル型の耳栓な感じがいまいち耳に合わなく痛みで短時間しか着けられないため、インナーイヤー型のイヤホン、またはヘッドホンを使っています.
いずれも BOSE の製品を使っていますよ.
個人的にですが、BOSE のノイズキャンセル機能はとってもよく効き、新幹線や飛行機での移動や集中して長時間デスクワークをする際に最適です(自宅であればスピーカーで鳴らしますが).

* 耳を塞がない新しいかたちのワイヤレスイヤホン

わたしの手持ちのイヤホンとヘッドホンはいずれも有線なため、無線のもので近々新調したいと考えていた、ここ数ヵ月.
昨年は各社からワイヤレスイヤホンがリリースされており、主要なメーカからは出揃った感じです.
ですが……ほぼ全てがカナル型となるのです(有名どころでは BOSE は異なるみたい).
カナル型はどうしても避けたいところで無難に BOSE かなと考えていたところ、近日 SONY からカナル型ではないものがリリースされると知り、その発売を待ってみました.
そして、購入することにしたのが「Xperia Ear Duo (XEA20)」という製品です.

耳の下に引っかけて着けるタイプで、カナル型ではありません.
また、デュアルリスニングというスタイルをコンセプトにしていて、音楽と周囲の音を隔たりなく聴くことを利用シーンに置いています.
音楽を集中して聴くのではなく、BGM のように軽めに聴くようですね.

XEA20スタイル

また、ワイヤレス(Bluetooth を利用)ということで、スマートフォンやそれに準ずるデバイスとの連携利用が前提となります.
ボイスアシスタント機能やタッチ以外にヘッドジェスチャーによる操作などを利用でき、それに慣れれば有効な使い方ができる可能性があります.
興味深い機能としては、グループチャット機能という、最大5人のメンバとトランシーバのように音声チャットをする機能もあります.

ここで少し別の視点で……本製品の企業における採用事例として、JAL の客室乗務員への着用とそれを用いた業務改善について「プレスリリース」されています.
上記で触れたグループチャット機能を用いた機内での会話を中心に利用されるそうです.
本製品は外見もよく、スマートなやり取りに見えると思いますので、上手くマッチした利用シーンだなと思いました.

XEA20 JAL

今後、ウェアラブルデバイス浸透のひとつの軸として、このような使われ方で個人・法人問わず拡がりそうな分野のデバイスと言えるかもしれません.

* Xperia Ear Duo (XEA20) 簡易レビュー

さて、4/21の発売から数日後、注文した実機が届きましたので、簡単ですが紹介したいと思います.
まずはパッケージから.
ゴールドは女性、ブラックは男性のモデルがパッケージに使われているみたいですね.
本体は充電器に入ったままパッケージされていました.

XEA20

XEA20

次に本体と充電器について.
本体は少し大きめに見えるかもしれませんが、着けてみるとそこまで邪魔になりません.
充電器も手のひらサイズです.

XEA20

XEA20

XEA20

聴き始めるにあたり、まず、スマートフォンと専用アプリの「Xperia Ear Duo」(そのままなアプリ名)を使ってペアリングさせる必要があります.
Android と iOS 両方ともインストールとペアリングをしてみましたが、iOS は機能を制限されており、ボイスアシスタント機能やグループチャット機能を使用できません.
音楽用イヤホンとして使用するのであればどちらでも構いませんが、せっかくの便利機能も使いたいのであれば、Android ユーザの方がよさそうですね.

こちらは Android の専用アプリの設定画面です.
左から……立ち上げ時の画面(下にスクロールするとグループチャットと機器の設定項目あり)、アシスタントのデイリーアシストの設定画面、デイリーアシストで設定できる項目一覧.

XEA20セットアップ

セットアップし終えて、いざ聴いてみた最初の感想としては……なるほど、ほどよく距離を置いて聴いているスピーカーで聴いているような聴こえ方でした.
外出時やお仕事中にも着けて過ごしてみましたが、周囲の音をそのまま拾うことができますので、声を掛けられたり聴きながら会話をしても違和感なく対応できます.
音楽を止めないでサラッと会話に参加できるのが地味に便利です.
自宅内よりも、外出時やお仕事中の方が効果的に使えそうですね.

続いて音質について(エージングはできていませんのでその前提で).
同価格帯のカナル型イヤホンやヘッドホンと比較してしまうと物足りなさがあります.
低音を鳴らすのは不得意ですが、中高音はしっかりと聴きやすい音を出せていると思います.
このあたり、Clear Phase 機能を実装しているからかもしれません.
比較で例えるなら、iPhone や iPod に付いてくるインナーイヤー型のイヤホン EarPods よりもしっかりしていて、BOSE の SoundTrue よりは低音が弱い分迫力は出せない、といったところでしょうか.
ただ、周囲の音を合わせて聴くというスタイルですので、単純な比較は難しいですね.
仮に低音をガンガン鳴らせた場合、周囲の音を聴き取り難くなると思いますし.
このスタイルに1日・2日で慣れましたが、確かに初めて聴いた時の感覚は、従来のイヤホンやヘッドホンにはないもので驚かされました.

以下、そのほか気になった点をいくつか.

・フル充電でバッテリー持ちは4時間とのことで、出勤からお昼前までフルで聴き続けるには若干足りません(このスタイルに該当する人は少ないかもしれませんが).
・充電は1時間もあればフル充電にできます.
・Bluetooth の接続性はかなりいいです、混雑している中でも音が途切れることはあまりありません.
・Android で使えるボイスアシスタント機能の音声は、声優の「寿美菜子」さんが対応、位置情報を登録しておくと場所の移動と時間帯に合わせて「いってらっしゃい. かばん閉まっていますか?ご確認を. 」などといったコメントが流れます.
・ボイスアシスタント機能で時間や天気などを確認できるのは、些細ですが便利です.
・メールや LINE が大量に届く人は、その通知をオフにしておくとよさそうです(都度、ボイスアシスタント機能で通知が入ってしまい音楽を聴けません).
・ヘッドジェスチャーは使い難いとのコメントが多いですが、曲のスキップに限定すればタッチ操作よりも使い勝手がよいと思います(曲の再生・停止以外のタッチ操作が微妙です).
・着け心地は従来のインナーイヤー型より重みがあるため若干疲れますが、カナル型のような耳への痛みは少なめです.
・耳の下に引っかけて着けるため、一般的な形の眼鏡とは干渉しませんが、イヤリングやピアスとは干渉してしまいます.
・ゴールドとブラックどちらの色を選ぶかは個人の好みと思いますが、肌の色に合わせたければゴールドを、髪が黒色系で長め(男性基準)であればブラックをおすすめします.

使い始めて数日のレビューは、以上で終えたいと思います.
気になることがありましたら、追加レビューとして記しておきたいと思います.

デバイス

Posted by isami