previous arrow
next arrow
Slider

[カフェ] DUN AROMA (ダン アロマ)

カフェとごはん

* 住宅街の隠れ家バー いいえ、カフェです

昨年まで自由が丘 / 都立大学エリアに住んでいたのですが、近所で見つけたカフェを紹介します.
都立大学駅から徒歩3分ほどのところにある「DUN AROMA」さんです.
近所に住んでいた頃は、隔週か月次で週末によく通っていました.

初めてお店に入って真っ先に感じた印象は……カフェというよりもバー(?)でした.
日中でも照明は薄暗く、カウンターのみ、そのカウンターがいい感じの材質のテーブルで、まさにバーの雰囲気.
ガヤガヤ会話をするのではなく、珈琲を味わいながら静かに読書や音楽、書き物をしたり、にピッタリな空間です.

メニューは珈琲を中心に、ココアやティーも多少あり、食事ものとしてはトーストやちょっとしたデザートがあります.
珈琲は豆から選ぶことになりますが、概ね揃っていますので、好みのものや毎回変えて楽しむのもありです.
また、珈琲は「ライト」「ストロング」「デミタス」「デミタスW」から濃さと量を選びます.
私のおすすめは「ストロング」でしょうか、濃いめで量が140㏄と一般的なカップでちょうど1杯になります.
「デミタス」は「ストロング」の水量を半分にしてより濃くしたものですが、私には濃すぎて辛かった記憶がありますね.

* このカフェ独特なポイント

多数のカップ & ソーサーがあり、オーダーした豆や量、そしてその時の店員さんの気分で選んで(?)淹れてくれます.
リピートしていると、この豆だとこのカップのことが多い、みたいな発見があるかと.

混み具合にもよりますが、オーダーしてから出てくるまで20分ほどかかります(混んでいると30分以上かかります).
上述のよう読書や音楽を楽しんだり、淹れている様子を見たり、待っている時間もゆっくりと時間を優雅にすごせますよ.
結果、1時間はお店にいることになりますので、時間の余裕をもって来店すること.

そして、私がとってもおすすめしたいメニューがあります.
軽食または軽食程度にトーストを食べてみてください、特にチーズトーストがいいですね.
パンは近所のパン屋さんのものを使用し、丁寧に味付け & トーストされ、一枚の大皿(大皿は言い過ぎかもしれません、中皿?)で出されます.
珈琲との相性が抜群なのです.
トーストをオーダーするお客さんはほとんどいませんが、ぜひ味わってみてほしいと思います.

※ たまにトースト売り切れ(涙)の時もあります、近所のパン屋さんにつくり置きがあれば買いに行ってくれましたが.

おそらく、用事がなければ都立大学駅に降りることはほとんどないかと思いますが、こちらのカフェに立ち寄るためのみでも、価値はありますよ.

場所は駅から少し南に、コージーコーナーから一本路地に入って進んだあたりです.
お店はそれほど目立つ装飾ではありませんので、意識しないと素通りしてしまうかもしれません、注意.