previous arrow
next arrow
Slider

主人公 (勇者) になりきってみよう

デバイス

* ウォーキング環境次第でもっと楽しめる

DQ ウォーク』をプレイしはじめて約半月(実際はあまり遊べていません)、メガモンスターに遭遇するために遠回りしてみたり、イベントを進めるために歩いては止まりを繰り返してみたり、ゆっくりですが意識してプレイしています.
今のところ楽しくはまっているようです.

ところで、自宅では BGM を ON にしてプレイするわけですが、外出時はそうもいきません.
みなさんも同じようなプレイ環境かもしれませんが、わたしのプレイ環境(設備面)を紹介したいと思います.

* 小さなスマホ & デュアルリスニングなスタイル

まず、使用しているスマートフォンは iPhone SE にしています.
はじめのうちはメイン端末として使用している iPhone X でプレイしていましたが、メイン端末のためほか用途と合わせて電池の消耗が早く、ウォークモードでポケットやかばんにしまう際に電源ボタンをよく押してしまう(端末のボタン配置の問題)、といったことがありました.
そのため、ほぼ音楽プレイヤーとしてのみ使用しているサブ端末の iPhone SE を専用機にして、プレイすることにしたのです.
iPhone SE は現行端末と比較するとスペック的には心もとないと思いますが、このゲームをするうえではほぼ安定(稀にフリーズ)しています.
電源ボタンの配置が上部にあるため誤って親指(右手操作時)で押してしまうこともなく、端末のサイズが小さく軽快に操作できる点が良いです.
ただし、端末のサイズが小さいということもあり電池の消耗が早めですので、この点はモバイルバッテリーを携帯して充電できるように備えておく必要があります.
わたしは外出しても1~2時間しかプレイしていないため、まだモバイルバッテリーの出番はきていません.

また、プレイを盛り上げてくれる BGM を聴くために、外出時は以前より愛用している無線イヤホンの「XEA20を着用しています.
これのいいところは、無線(Bluetooth)のためコードが邪魔になることがないのは当然として、デュアルリスニングで周囲の音を拾える点です.
屋外で歩きながら BGM を聴こうとすると、最近の多くの無線イヤホンに該当するカナル型では周囲の音をほとんど遮ってしまい危険ですが、このインナーイヤー型のデュアルリスニングであれば危険を抑えることができます.
それに、BGM と周囲の音がミックスして聴こえますので、まるで主人公(または勇者)にでもなってフィールドを歩いているような錯覚を体験できるのです.
フィールドの通常 BGM が DQ3 のフィールドと同じでもあるため、リアル1人魔王討伐の旅(縛りプレイですね)をしているかのようです.

ウォーク・スタイル

ちなみに、今であれば XEA20 ではなく、「SBH82D」という廉価版のイヤホンがおすすめかと思います.
わたしは購入していませんが、同じデュアルリスニングなスタイルの無線(Bluetooth)モデルで、音楽連続再生時間が最大7.5時間と XEA20 の約2倍の電池持ち、それにお値段も実売価格で XEA20 の半額くらいでお手頃です.

このゲームをより良く楽しむ方法として、ご参考にしてみてくださいませ.

デバイス

Posted by isami